オススメ大会 仏の里くにさきとみくじマラソン

マラソン

今回は、仏の里くにさきとみくじマラソンを紹介します。

2022とみくじハーフマラソン【公式】
2022年11月13日(日) に開催される2022とみくじハーフマラソン【公式】サイトです。当サイトではコースマップ、エントリー情報などご覧いただけます。

この大会は、11月に大分県国東市で開催されます。

フル5回、30km1回に出たことがあります。30kmの部は、今はありません。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、開催中止が決定済みですが、オンライン開催が計画されています。

https://tomikuji-marathon.jp/info/オンラインマラソン開催!/

実際のコースを走れないのは残念ですが、違った形での大会が示されました。

この大会の特徴としては、

とみくじの名の通り福引き抽選会があること、とアップダウンのあるコースかな、と思います。

前半登って、後半下るコースですので、足を残せれば、タイムが狙えるかもしれません。

いつも前半で足が売り切れですが…

コース&アクセス | 2022とみくじハーフマラソン【公式】
コースMAP 交通アクセス 大分自動車道 速見I.C.から約41km 大分空港から約8km 会場周辺の詳しい地図はこちらをご覧ください。 大分交通路線バス バス路線図(大分交通ホームページ)はこちら 「黒津崎海岸」停留所時刻表 国東行 大分...
大会の特徴 | 2022とみくじハーフマラソン【公式】
とみくじハーフマラソン2022のご案内 「仏の里くにさき・とみくじマラソン大会」は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、これまでオンライン大会を実施してまいりました。 その間、リアルな大会の開催要望も多く寄せられ、また、全国各地のマラソン大会...

コース中に、マツコデラックス?ブルゾンちえみ?のようなユニークな案山子(かかし)があるので、なかなか興味深いです。

昨年は、箱根の山の神の柏原さんが応援に来ていました。

この大会には、思い出があります。

30km過ぎに手足が痺れ、顔まで痺れがまわって動けなくなったことがあります。脱水症状だったようですが、レース中に座り込んでしまいました。

この時、無事にゴールできるかどうか、回復して帰宅できるのか不安がよぎりました。

そこに、自転車で巡回しているボランティアの方が駆けつけてくださり、飲料やゼリーをいただき、しばらく休んだところ、回復することができました。

30分近く前に進めない状況から立ち直り、最後まで完走することができました。

この時に助けていただいたことは、今後も忘れませんね。

これを機に、大会を走ることだけでなく、運営している方、ボランティアの方、応援の人などの視点も考えるようになりました。

マラソンから学ぶこともありますね。

自分が楽しむことだけでなく、苦しんでいる人を手助けすること。

これは、運営やボランティアに限らず、ランナーにもできるはずです。

困っている人がいたら、声をかけたり、苦しい人を元気付けたり、

人生にも通じるとても重要な学びです。

heraherachop

会社員:
地場上場設備メーカー→中小IT上場企業

ランナー:
フルマラソン大会完走54回
フル4:02(2013竹田)
ハーフ1:41(2014人吉)
100km12:54(2014阿蘇)

目標:
フルマラソン完走100回
ランニングの良さ大会の楽しさを伝える

※フルマラソン完走回数:
竹田12、熊本城8、出水7、国東5、指宿5、東京1、天草2、青島4、筑後川1、日田1、下関2、福岡1、鹿児島2、さが桜2、神戸1
(初マラソン2007年〜、開催地9都県・15箇所)

heraherachopをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました