阿蘇カルデラスーパーマラソンの復活を願う~熊本地震からの復興

マラソン

今回は、阿蘇カルデラスーパーマラソンについて紹介します。

公式サイトが閉じているようですので、私の体験談をもとにお伝えしたいと思います。熊本地震以降、この大会は開催されていません。

コース・制限時間・特徴

阿蘇カルデラスーパーマラソンは、カルデラをぐるっと回るコースで、100kmの部と50kmの部があります。フルマラソンの距離を上回る、ウルトラマラソンです。

100kmの制限時間は、13時間30分です。100kmマラソンは、14時間の制限時間の大会もありますので、制限時間は少し厳しめと言えます。

13時間30分の間に、数カ所で関門があります。

100kmの部は、早朝のスタートです。会場近くにテントを張る人、車中泊、ホテルや旅館に宿泊、夜中の移動、と様々です。

レースでのコンディションを考慮すると、ホテルに宿泊するのがベストだと思います。

この大会の特徴は、高低差の凄まじさです。前半に登って走るのも難しい急坂、足の疲労が蓄積した終盤に駆け下りる急坂。

そして、阿蘇の雄大な景色です。ランナーの周囲を囲む自然、遠くに見えるランナー、振り向いても遠くにランナー、見下ろすと登ってくるランナー。

実際に見て欲しいと思います。写真を1枚だけ貼付します↓

体験談・攻略の難しさ

50kmに2回、100kmに2回、挑戦したことがあります。

50kmは2回とも完走していますが、100kmは1回しか完走していません。

2014年に100kmを12時間51分で完走しましたが、その3年前に挑戦した際には、60km過ぎで収容車に収容されました。

この時は、50km過ぎの関門がギリギリの状況で、完全に時間制限に追い込まれて間に合わず…

原因は、力量不足と腹部の不調でした。力量が足りないのは、超長距離へのトレーニング不足であったこと。腹部の不調は、慣れないウェアを着用して、腹部の圧迫でトイレで時間を無駄にした、その結果、大きくタイムロスしてしまいました。

リベンジ・再挑戦〜鈍足ランナーの戦略

2014年に100kmに再挑戦を決意しました。

サブ4すら達成していないランナーがどのように100kmの完走を目指したのか?

次のような準備をしました。

2月〜5月にかけて、十数週間連続で、30km〜40km走越え(50km越え2回含む)を休みの日に週一回、という練習をしました。長い時は8時間近く…

会社の休み時間は、短い時間でも、自分の席の周りで、足腰の簡単な筋トレをしてました。

これだけのトレーニングをしながら、普通に翌日は会社に行ってましたが、異変も感じていました。帰宅途中の徒歩中に力が抜けて、足が止まったこともありました。

この時、体脂肪率は6〜8%台まで下がり、取引先からは「顔が小さくなった」と言われました。

ただ、100kmいけるかも… の自信が身についていました。

直前期は、1週間以上の休足をしつつ、100km本番に向けて全ての関門時間の把握と通過予測時間のシミュレーションを行いました。

このような準備のおかげで、フル通過タイムは4時間40分、50km以降も失速せずに走ることができ、100kmの完走を達成しました。

私のような遅いランナーにとって、100km完走に必要なことは、立ち止まらないこと と スピード です。

そのために必要なのが、40km〜50km超のトレーニングです。

100kmへの挑戦、再び

2014年の完走以来、再び100kmを走りたいと思っていました。

しかし、2016年に熊本地震が発生し、阿蘇カルデラスーパーマラソンへの挑戦を実現できずにいます。

100kmに挑戦したい、再度挑戦するならば、阿蘇がいい。

阿蘇カルデラスーパーマラソンの開催を待ち望んでいます。

Object not found!

2021年の開催に期待しています。

フルマラソンのその先、100kmの頂 を再び!

そして、熊本と阿蘇の復興を願います!

(50kmの部よりも、100kmの部がオススメです)

heraherachop

会社員:
地場上場設備メーカー→中小IT上場企業

ランナー:
フルマラソン大会完走54回
フル4:02(2013竹田)
ハーフ1:41(2014人吉)
100km12:54(2014阿蘇)

目標:
フルマラソン完走100回
ランニングの良さ大会の楽しさを伝える

※フルマラソン完走回数:
竹田12、熊本城8、出水7、国東5、指宿5、東京1、天草2、青島4、筑後川1、日田1、下関2、福岡1、鹿児島2、さが桜2、神戸1
(初マラソン2007年〜、開催地9都県・15箇所)

heraherachopをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました