2020年の大会振り返り、2021年の大会に向けて

マラソン

2020年が終わろうとしています。

今年はランナーにとっては、普段の「通常の大会のありがたさ」を考えさせられる年になりました。

今年のランニング、マラソンについて振り返ります。

2020年参加大会・エントリー大会

  • 2020/1/26 天草マラソン 4:37:57
  • 2020/2/16 熊本城マラソン 4:33:44
  • 2020/3/1 竹田岡の里名水マラソン 開催中止
  • 2020/10/31-11/1 日本全国TATTAフルマラソン 4:53:35 ※
  • 2020/11/1 – 11/15 仏の里くにさきとみくじオンライン 4:46:50 ※

2/16の熊本城マラソンは大雨で過酷な環境の中、走り切りました。これ以降、多くの大会が延期や中止、規模縮小になりました。

3/1の竹田のフルマラソンは、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、中止でした。

学生時代から出ている大会であり、思い入れもあるので、とても残念でした。

※の大会は、オンラインマラソンです。

コロナ渦でのマラソンとの向き合い方に関して、新しい取り組みとなりました。

「大会が開催され、エントリーして出る」という「これまでの当たり前」が当たり前でない環境になっています。

↓大会の振り返りのリンク

完走!2020日本全国TATTAフルマラソン
オンラインマラソンに初めて出場しました。気付きと感想を書いています。
完走!仏の里くにさきとみくじオンラインマラソン
仏の里くにさきとみくじオンラインマラソンを完走しました。

2021年エントリー大会・エントリー予定大会

  • 2021/1/10-1/23 いぶすき菜の花マラソン on the web ※
  • 2021/2/19-3/14 オンライン・ひとよし応援マラソン ※(10kmにエントリー予定)
  • 2021/3/1-3/14 鹿児島マラソンオンライン ※(1/11エントリー予定)
  • 2021/3/15-3/28 さが桜マラソン2021オンライン ※

※の大会はオンラインマラソンですが、一部大会は未エントリーです。

大会開催が難しい中、中止や延期の判断だけでなく、

規模を縮小したり、オンラインでの代替開催にしたり、ランナーにとっては厳しい中でも、

走り続ける環境を提供されていて、とてもありがたいことだと感じています。

このような環境でも、走り・歩みを止めず、走り続けたいです。

最近のランニング状況

2021年の最初の大会は、いぶすき菜の花マラソン(オンライン)です。

11月のオンラインマラソン以降、長い距離を走れていません。

10kmまたは10kmを少し超えるぐらいの距離を中心に走っています。

これは、最近は特にスピードが落ちている感じがしていて、スピードを強化するための取り組みです。

長い距離を走っていない不安がありますが、この練習を継続しようと思っています。

いざフルを走ってみてダメだった場合は、3月の大会に向けて、軌道修正します。

5分前半~5分半/kmのペースで走れるようにして、ロングでは楽に6分前後/kmで走るのが理想です。

↓エントリー済大会の情報

エントリー!いぶすき菜の花マラソン on the web
いぶすき菜の花マラソンのオンラインマラソンにエントリーしました。
エントリー!さが桜マラソン2021オンライン
さが桜マラソンのオンラインマラソンにエントリーしました。

heraherachop

会社員:
地場上場設備メーカー→中小IT上場企業

ランナー:
フルマラソン大会完走54回
フル4:02(2013竹田)
ハーフ1:41(2014人吉)
100km12:54(2014阿蘇)

目標:
フルマラソン完走100回
ランニングの良さ大会の楽しさを伝える

※フルマラソン完走回数:
竹田12、熊本城8、出水7、国東5、指宿5、東京1、天草2、青島4、筑後川1、日田1、下関2、福岡1、鹿児島2、さが桜2、神戸1
(初マラソン2007年〜、開催地9都県・15箇所)

heraherachopをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました