ランニングシューズで脚の機能を強化する

シューズ

ランニングをする上で、シューズ選びは一つの重要な要素だと思います。

  1. クッションで足を保護する、ショックを軽減して負担を減らし、疲労の蓄積を低減する。
  2. シューズの反発力でスピードを重視した走りをする。
  3. シューズによって、自然なフォアフットの足の運びを実現できる。

などなど、いろいろな狙いや効果があります。

シューズのトレンドは、厚底が人気で注目の的ですが、厚底と薄底か、嗜好や意見が様々あると思います。

数年前には、裸足ランニング(いわゆるベアフット)が流行ったことがあります。

私は、この頃から、薄くて軽いシューズを履いています。

Vibram FiveFingers|Barefootinc Japan|日本で唯一のVibram FiveFingers正規輸入代理店
Barefootinc Japanは日本で唯一のVibram FiveFingers正規輸入代理店です。ビブラムファイブフィンガーズは世界一の品質を誇るイタリアのソールメーカーVibram社が開発した5本指シューズ。足指を自由に動かせ、足の...

Vibram Five Fingersというシューズです。

このシューズは、見た目の通り、五本指になっており、薄底で、「裸足感覚」を実現できます。

これの良さは、脚の本来の機能を引き出すことができることにあります。

シューズによって、足の機能を引き出せていないのではないか?

裸足こそが本来の脚の機能で、経済的な走りにつながるのではないか?

という問い、考え方から、取り入れたシューズです。

かかとからの着地がしづらく、自然にフォアフットの足の運びになります。

このシューズのデメリットとして、足への負担・ダメージが大きいです。いきなり長い距離は難しく、少しずつ「慣らす」期間が必要と思います。

私のこのシューズの使い方としては、短い距離を走るとき、ランニングに刺激が欲しいとき、走り方に迷いがあり走りを見直したいとき、などに利用します。

自分の本来の走り、裸足、自然体に近づくための手段・方法です。

ちなみに普段は、ニューバランス のランニングシューズを履いていて、シューズには、あまりこだわりは無いです。

流行りのナイキのシューズは欲しいですが、今のシューズが古くなったら、買い替えの選択肢に考えようかなと思います。

自分の走りに合ったシューズを探すことも、ランニングの楽しみの1つと言えると思います。

速くなりたい、強くなりたい、本来の走りを引き出したい。

脚を強化する・速くなる手段は、シューズ云々よりも、練習量と質が1番重要です。

heraherachop

会社員:
地場上場設備メーカー→中小IT上場企業

ランナー:
フルマラソン大会完走54回
フル4:02(2013竹田)
ハーフ1:41(2014人吉)
100km12:54(2014阿蘇)

目標:
フルマラソン完走100回
ランニングの良さ大会の楽しさを伝える

※フルマラソン完走回数:
竹田12、熊本城8、出水7、国東5、指宿5、東京1、天草2、青島4、筑後川1、日田1、下関2、福岡1、鹿児島2、さが桜2、神戸1
(初マラソン2007年〜、開催地9都県・15箇所)

heraherachopをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました