特技と経験、仕事との向き合い方

昨夜は疲労困憊で寝てしまい、こんな時間に起きてしまった。

昨日は、会社に設置している、ある機器をお客様にアピールする、といった業務をした。

私の業務は、経営企画なので、ほぼ全く関係ない業務だが、社内の機器や関係性を理解し、運用・活用をしているので、その役割がめぐってきた。

うまくアピールできたかな、と思う。

慣れない仕事なので、非常に気疲れした感じはある。

今までの経験、培ってきたこと、日々の対応で、いろいろな機会への挑戦のチャンスがめぐってくる。

正直めんどくさい、と思うこともあったが、今回の件は、自分が適任で対応してよかった、と今になって思う。

前の部署にいるころから、社内のある分野の機器を運用、手配に携わっており(今の部署に異動後は利用のみ)、機器間の関係性を深く理解しており、しかも最新の機能も事前にインプットして確認していたので、対応できた。

特技や経験を生かせる仕事は、やりがいがある。

でも、会社員の多くの仕事は、それとは逆の仕事が多い。

ストレスばかりで気が乗らない仕事は少なくない。

上手に対応していきたい。

やはり、将来は仕事を選ぶ側にならなきゃな、と思う。

今の延長線上ではダメだ。

heraherachop

会社員:
地場上場設備メーカー→中小IT上場企業

ランナー:
フルマラソン大会完走54回
フル4:02(2013竹田)
ハーフ1:41(2014人吉)
100km12:54(2014阿蘇)

目標:
フルマラソン完走100回
ランニングの良さ大会の楽しさを伝える

※フルマラソン完走回数:
竹田12、熊本城8、出水7、国東5、指宿5、東京1、天草2、青島4、筑後川1、日田1、下関2、福岡1、鹿児島2、さが桜2、神戸1
(初マラソン2007年〜、開催地9都県・15箇所)

heraherachopをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました