ランニングやマラソンを軽んじるヒトと価値観、ランナーへの敬意

マラソン

大学3年で初めてフルマラソンに挑戦し、社会人になっても、マラソンを続けてきました。

「ランニングやマラソンをしている」と周囲に言うと、こういう反応が時々あります。

  • ドMなのか?
  • ストイックなやつ
  • お金払ってマラソン走るの?理解できない
  • 球技なら走るけど、何で走れるのか

10年ほど前は、マラソンが今ほど人気がなかったので、よく言われてました。半分バカにする人もいました。テキトーに聞き流してましたが…

非ランナー視点では、ランナー視点と見え方や価値観が違うのかなと思います。

走らない人には、ランニングやマラソンの素晴らしさを想像はできても、感じることはできません。特に、上に挙げたようなことを発言する少しクセのある非ランナーには、何を言っても通じません。

近年は、マラソンブームや都市開催のマラソンが増え、川内選手のような市民ランナーの出現、ランナー人口が増えたので、ランニングに対する世の中の価値観も変わりました。最近は特にシューズも注目を浴びています。

世界と戦うエリートランナー、ハイレベルな市民ランナー、マイペースで自分の目標に向かう市民ランナー、大会を楽しみ盛り上げるファンランナー、マラソン大会を走る全てのランナーが尊敬されるべき存在だと思います。

自分の目標に向かって継続的に努力する、困難なことに挑戦する、昨日までの自分に勝つ、完走して特別な達成感を得る、地域・沿道の人々とのふれあいを楽しむ、海や山の自然を感じる、大会で変わる非日常的な街の雰囲気

マラソンを走らない人には得難い経験を、積み重ねていきたいと思います。

heraherachop

会社員:
地場上場設備メーカー→中小IT上場企業

ランナー:
フルマラソン大会完走54回
フル4:02(2013竹田)
ハーフ1:41(2014人吉)
100km12:54(2014阿蘇)

目標:
フルマラソン完走100回
ランニングの良さ大会の楽しさを伝える

※フルマラソン完走回数:
竹田12、熊本城8、出水7、国東5、指宿5、東京1、天草2、青島4、筑後川1、日田1、下関2、福岡1、鹿児島2、さが桜2、神戸1
(初マラソン2007年〜、開催地9都県・15箇所)

heraherachopをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました